おかえりなさい 伊豆高原

Entries

Date : 2009年06月

本館ロビーに七夕飾りを用意しました。
DSCF0001_20090701115810.jpg
(奥の壁は売店の一角で壁には絵が描かれ、ブライアン・ワイルド・スミスの写真が展示されています。彼の絵本コーナーについては後日、別の機会にて紹介するつもりです)

DSCF0103.jpg

七夕はお盆の(祖先を祀る)行事の一部です。笹は精霊の宿る依代(よりしろ)だそうです。
中国説話の長い歴史の中で、7月7日が一年に一回だけ織女と牽牛の会合する夜であるというストーリーが生まれ、何ともロマンチックですね。
雨が降ると天の川が溢れて川の東西にいる二人は会えないそうです。この日に降る雨を催涙雨といって、二人の流す涙であるとか。
あらあら話が湿っぽくなっていけませんね。
私としては、毎日顔を合わせていても日々愛と感謝に満ちていることがあるべき姿だと思っておりますが。

さて皆さんの願い事を拝見しましょう。

DSCF0101.jpg
深ーい悩みですね キムタクさん

DSCF0100_20090629225835.jpg
虫のいいお話 虫歯には悪いようで

DSCF0099_20090629223908.jpg
さすがスタッフの鏡 優等生的なお願いですね しかしこれが彼女の人柄なのです

DSCF0098.jpg
お客様に書いて頂くための短冊です

たくさんの願いが込められ、それがそのまま実現する 
私にはそう思えてきます
皆さんもそう思いませんか




伊豆高原駅の近くに、庭で食事が摂れるパン屋さんがございます。
ベイカリーカフェ「ル・フィヤージュ」 (tel 0557-53-3953)という名前からしてお洒落なのです。
詳しくはこちら↓
ル・フィヤージュ

まずはお店までのルートから
DSCF0094.jpg
国道135号線をホテル下のぐらんぱる公園より南下、伊豆高原駅をすぎてすぐに「高原の湯」がございます。その真向かいのJOMOステ-ションの左わきを右折します。

DSCF0018_20090625203531.jpg
右折後車で1分。二股を右へ、また1分でこの看板が見えてきます。ここを右折します。

DSCF0091.jpg
すぐに見えますのがこの看板です。看板の絵のとおり小鳥はよく見られます。

DSCF0082.jpg
パンの並んでいる店内のすぐ奥でパンが焼かれています。
菓子パンなどの具材も含めてほとんど自家製とのことです。

DSCF0083.jpg
ランチをゆっくり召し上がっていただくためのビールとワインが用意されています。

DSCF0084.jpg
ぐるり樹に囲まれたお庭の真中に噴水があります。

DSCF0086.jpg
幾つかのテラス席が配置され森の心地よい風の中でお食事が愉しめます。
(この日は雨上がりで、片付けられた椅子がまだ出されていませんでした。)
当ホテル本館の和食会場「花いずみ」から、砂蒸し・露天風呂につながる渡り廊下に出てすぐ右側に、小さな花壇があります。
ここでハーブと花が育てられ、主に洋食(フレンチ)の食材に供されています。

DSCF0048.jpg
花壇の周りに植えたアジサイ 3年目にして初めて花が咲きました

DSCF0046.jpg
カモミールの花が今満開です お茶は皆様よく飲まれますね

DSCF0047.jpg
手前からイタリアンパセリとコリアンダー 右はチャイブです

DSCF0057.jpg
こちらはアップルミントです

DSCF0056.jpg
胡麻風味のルッコラです 美味しいですね (種を採るために枯らしたまま置いてあります)

DSCF0054.jpg
ローズマリーは少し離れたところに植わっています かなりの巨木です

DSCF0079_20090701204620.jpg
油原シェフが魚料理に使うディルを採っています

油原シェフの紹介をしておきましょう。
昨年の2月に伊豆高原に異動となりました。
以前は在モスクワの日本大使館料理長という職責に3年間あり、某大統領の晩餐会も手掛けたという
経歴の持主です。 
まめにレストランの客席に出ては御婦人にリップサービスをしています。
伊豆高原の洋食が益々充実して皆様が満足していただければ何よりです。



私どものホテルには二つのタイプの貸別荘がございます。一つはコテージと申しまして、主に和洋室タイプの一戸建てのものです。
もう一つが花ホテルと申しまして前述のコテージ゙を洋室タイプにリフォームし、露天風呂を設けておりますが、キッチンはクローズされております。
「サービスとしてお部屋とホテル本館の間はドライバーが御送迎致します。」というのがウリのひとつですが、このドアイバーをポーターと呼んでおります。
ポーターはお客様に種々の地元の情報を提供すべく情報収集に努めております。
しかしほっておくと、お客様に駄洒落を飛ばしてばかりいるかも知れません。
もったいないですから是非このポーターを有効にご活用下さいませ。

DSCF0065.jpg
ホテル前にて 送迎車輌とポーターS
DSCF0058.jpg
ちょうど見頃のスカシユリ

DSCF0067.jpg
こちらも見頃の花ホテル前のアジサイ

DSCF0064.jpg
玄関手前に配置された鉢植え インパチェンスがこれからぐんぐん大きくなります

DSCF0005.jpg
植替え前の花壇 まさに咲き乱れています

DSCF0063.jpg
一部植替え後の花壇 雑草も抜かれてきれいになっています

DSCF0059.jpg
こんなかわいらしい花も咲いています 

DSCF0070.jpg
クフェア(メキシコハナヤナギ)は花期の長い樹です 
購入したばかりの苗木(左)と植付け後1年半の樹(右) 陽当りが良いとこんなに大きくなります

DSCF0044.jpg
ホテル裏の畑で育ったクレオメの苗 花壇に植え付けられます
ポーターは合い間に花壇と鉢植えに水をあげたり、雑草を抜いたりと世話をしています
アプローチの掃除なんかも時にしております 頑張れポーター

DSCF0020.jpg
伊豆海洋公園のあじさい苑に行って参りました。

DSCF0022.jpg
南国情緒たっぷりのブーゲンビリアの温室。

DSCF0024_20090614213105.jpg
色もいろいろです。

DSCF0025_20090614214221.jpg
テナントが入っている展示館。アルミ缶で作られたオーケストラの合唱団。

DSCF0026.jpg
よく口が開いていますね。

DSCF0032.jpg
つなきり岬は素晴らしい眺めです。

DSCF0035.jpg
アジサイの種類は数え切れません。

公式サイト

伊豆高原リゾート タイプの異なる3つのホテルと2タイプのコテージ群

見に来てくれてありがとう

静岡県伊東市のお天気

検索フォーム

Copyright © Hotel Ambient IZUKOGEN